金欠解決の切り札!これで給料日までの果てしない道のりを乗り越えろ

給料日を前にしてお金が足らなくなり、生活するのに困った経験がある人は少なからずいるはず。

「金欠になってしまった…お金どうしよう」
「金欠にならないためにはどうすべきなのか」

このような状況になると、不安が大きくなるものです。

ここでは、金欠を乗り切る方法やそもそも金欠になる原因など幅広く解説していきます。

金欠の悩みが解消できれば、お金の心配や不安がなくなり前向きに生活ができますのでぜひ参考にしてみてください。

給料日までまだ遠い!金欠状態になってしまったときの解決法

金欠になってしまうと次の給料日が遠ければ遠いほどピンチが続くことになります。

何か手を打たないと普段の生活もままならなくて不安になるでしょう。

そこで、まずは、金欠でお金に困ったときに、その状況を乗り切るための具体的な解決策をいくつかみていきましょう。

アルバイトをする

シンプルですがお金がないならお金を作ればいいですね。次の給料日までの金欠状態を何とかすればOKということであれば、日雇いなどの単発アルバイトがいいでしょう。

アルバイトの給料の振込が、随分先になってしまうと結局金欠は解消されませんので、バイトが終わったら支給される日払いタイプがおすすめです。

たとえ労働契約が1日であっても支払いが先になってしまうこともあるので、求人内容はきちんと目を通しましょう。

副業をする

普段仕事をしている人は、本業に支障がでない範囲で副業するのもありでしょう。

例えば在宅で副業したいなら、クラウドソーシングを利用するのがいいでしょう。基本的なパソコン操作ができるなら、データ入力やアンケート回答などでお金を稼ぐことができます。

一方、株式投資やFXは、即結果がでるかどうか分かりません。大きな損をする可能性もありますから、作業をこなしてお金を稼げるタイプから選ぶ方が、確実にお金をつくることができます。

不要なものを売る

不要なものを換金することでお金を作るのも金欠を回避する方法です。

高価なものを売ることを真っ先に考えるのではなく、自分にとって必要のないものからピックアップしていくのがいいでしょう。

  • 読まない本
  • 着ない洋服
  • 使っていないゲームソフト
  • 時計やアクセサリー

家の中も整理できるので一石二鳥ですね。これでもまだ家計を圧迫するようなら、副業やアルバイトで資金を補填するのがいいでしょう。

クレジットカード、ポイントカードでお買い物

普段の買い物でクレジットカードやポイントカードを使っている人は、知らず知らずのうちにポイントが溜まっている可能性があります。

ポイントの使い道はカードによって違いますが、買い物の支払いが可能なポイントは結構多いのです。

  • Tポイントカード(ファミリーマートなど)
  • nanacoカード(セブンイレブンなど)
  • 楽天ポイントカード(楽天、デイリーヤマザキなど)

SUICAやPASMOなどの電子マネーも残っているようなら使いましょう。

また、クレジットカードを持っている人は、金欠のピンチを回避するのにうってつけ。

クレジットカードは後払いなので、お財布のお金を減らすことなく買い物ができます。

会社から前借りする

これはそもそも前借りができるかどうかが重要なポイントですが、労働基準法第25条では非常時(出産、結婚、災害、病気など)では給料日前であっても賃金を支払うよう定められています。

このとき支払われる金額は、既に働いた分が対象です。法律が適用されるなら、会社は前借りに応じなければならないことになりますから、相談する価値はあるでしょう。

とはいっても、前借金額は、金欠をしのぐのに必要最低限の金額に留めるべきでしょう。また、社内の貸付制度がもしあるようなら、前借りよりもそちらを活用するほうがいいでしょう。

金欠シチュエーション別解決策

金が足らなくて困る期間というのは人それぞれです。数日程度なら頑張れるでしょうが、2,3週間にもなってくると何らかの工夫や解決策が必要になります。

ここでは、そんな金欠の状況別に解決策を提案していきます。

給料日まで3日

料日まですぐです。このような状況は、余計なお金を使わずに我慢することで乗り切りましょう。

缶ジュースなどのお金は無駄なものと考えて、残りのお金で1食いくらでしのげるか計算しましょう。

家族や職場の仲間などから少額のお金を借りるよう頼むのもいいかもしれません。給料日が目前ですから、相談すればフォローしてくれる人も少なからずいるはずです。

給料日まで1週間

1週間程度の金欠なら我慢や節約で何とかなるかまずは考えましょう。特に毎日かかるのが食費です。1日だけなら食費をまるまる浮かすことはできても1週間は不可能です。

冷蔵庫の中の食品を活用して食費を節約したり、飲料水は水筒に変えるなどしてお金を使わない工夫を実践しましょう。節約のためにタバコやお酒も数を減らすべきです。

給料日まで2~3週間

2週間以上の長期的な金欠に悩まされている人は、給料日まで1日いくらで生活すべきかまずは計画を立てましょう。食費を節約すること、不要なものは買わないなど徹底してお金を管理できなければ、金欠を乗り越えることが難しくなります。

また、1日でもお金を多く使ってしまうと残りの日数の生活が厳しくなりますので支出をコントロールすることがとても重要です。ただ節約だけで凌ぐのがどうしても難しい人もいるでしょう、そのような場合は、お金を作る工夫が必要になります例えば、日雇いなどの短期バイトや生活不用品やブランドものを売ることを検討しましょう。

また、クレジットカードを持っているなら、金欠期間中はカード払いでしのぐのも良い方法です。後払いで翌月以降にまとまって請求がくるので、そのときは支払い金額が通常よりも大きくなりますが、給料が入った後なら支払いは十分に可能なはずです。

カードローンの活用もひとつの対処法

カードローンでお金を借りることもまた金欠時の有効な手段。言い方を換えれば借金することになりますが、1、2万円の少額な融資も可能です。

自分の生活ができるだけのお金を借りることができますから利用がしやすく、十分活用するのに値する金融商品なのです。

ここでは、カードローンの特徴について解説をしていきます。

どんな目的にでも利用できる

カードローンのお金の使い道は原則自由です。住宅ローンや自動車ローンのようにお金の利用用途が限定されません。

そして、そのようなローンは融資を受けたら後は返済するだけになりますが、カードローンは利用限度額の範囲内なら何度でも融資を受けらます。

例えば、利用限度額10万円で最初に2万円を借りる5日後に急にお金が必要になったので追加で3万円借りるなどの使い方も可能。10万円さえ超えなければOKですし、返済すればその分借りられる金額も増えるということです。

この使い勝手の良さがカードローンのメリット万が一の金欠に備えて1枚持っておくと、家族や友人に頼らず自分の力で生活を乗り消ることができます。

すぐにお金を借りれる

金欠で生活が苦しいときに、1~2週間後に融資が実行されても意味がありません。すぐにお金を借りられるようでないと、給料日前のお金に困っている状況から抜け出せないからです。

カードローンは銀行やクレジットカード会社など様々な金融機関でサービス化されていますが、申込んだ当日中に融資をしてくるのが消費者金融です。消

費者金融は審査スピードが最短30分でとても早いので、順調にいけば申込後1時間程度でお金を借りることが可能。

給料日前の金欠をしのぐには最もベストなのが消費者金融のカードローンなのです。さらに、消費者金融には他のカードローンにはないうれしい特徴があります。

無利息サービスが利用できるカードローンもある

お金を借りたら利息を付けて返さないといけないのは、全てのカードローンで共通です。例えば、金利18%で10万円借りたら、1日約50円(1ヶ月約1,500円)の利息がつきます。

しかし、大手消費者金融は、期間限定の無利息サービスを実施しています。申込んで初めて利用する人を対象に、30日間利息が無料になるのが一般的です。このような無利息期間サービスは、消費者金融以外の他のカードローンにはほぼありません。

30日間無利息なら期間中の金利は0%ですが、その期間以降は通常の金利に戻ります。期間が限定されるサービスとはいえ、3万円借りて給料日後に3万円全額返済すれば利息は払わなくていいのです。

返済負担を最小にする理想的な使い方ができます。給料が入れば解決できる短期的な金欠の場合には、無利息サービスのある消費者金融が相性抜群。

次に、当サイトがおすすめする消費者金融を3社、理由とともに紹介していきます。どれも無利息期間があり、申込当日中の即日融資が可能で、ATMの使い勝手に優れた安心して利用できるものを厳選しています。

プロミス

実質年率 4.5~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
即日融資 可能
返済方式 残高スライド元利定額返済方式

プロミスは三井住友グループですから、初心者も安心して利用できます。上限金利17.8%は他の消費者金融よりも低いので、無利息期間終了後にかかる利息が安くなります。

できるだけ低金利を求める人におすすめのカードローンです。プロミスは何と言っても便利な融資の方法が多いのが特徴です。

  • ほぼ24時間365日最短10秒の振込キャッシング「瞬フリ」※
  • 公式スマホアプリ、会員サービスから振込依頼が可能
  • スマホでセブン銀行ATMから借入可能
  • プロミスATM、三井住友銀行ATMは利用手数料無料!

※三井住友銀行、ジャパンネットお銀行口座限定

銀行口座への振込手数料は0円です。自宅や職場にいてもスマートフォンやパソコンから操作できますから、ATMや支店を探す必要がありません。

とてもラクな融資の方法ですが、「瞬フリ」対象外の口座は、銀行の営業時間内に振込依頼をしないと即日融資ができませんので注意してください。

いますぐお金を借りたいけど、銀行振込の当日借入ができなかった人は、自動契約機でカードを発行してATMで借入をしましょう。自動契約機は夜9時までやっているところがほとんどなので、仕事帰りにカード発行することも十分可能です。

アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
即日融資 可能
返済方式 低率リボルビング方式

金欠時はスピード借入ができることが何より重要です。

アコムには銀行振込で優遇される口座やATMの利便性が高いことが特徴として挙げられます。

  • 楽天銀行口座なら24時間365日最短1分の振込キャッシングが可能
  • 三菱UFJ、三井住友、ゆうちょの3口座は19時までの振込融資に対応※

※ 公式サイトから申込んで、初めてお金を借りるとき限定

  • アコムのATMは24時間営業※
  • 自動契約機(むじんくん)は夜10時まで

※メンテナンスを除く

特に、メガバンクの三菱UFJ、三井住友銀行やゆうちょの口座所有者は、アコム契約後18時までに〇〇円口座に振り込んで欲しいと依頼すれば、19時までに融資してくれます。

通常、銀行振込は15時までに受付を済ませないと不可能なのでこのサービスはアコムならではです。

アイフル

アイフルは初心者でも使いやすいカードローンとして有名ですが、審査や融資のスピードはプロミス、アコム同様に速いことはもちろん、安心して利用できる大手消費者金融です。

  • 「1秒診断」で事前に融資可能かすぐ分かる ※ 審査通過を保証するものではない
  • 郵送物なし!カードなし!のWEB完結申込
  • 振込融資は1日何回依頼してもいい ※ 即日融資の依頼は14:10まで
  • アイフルATMやコンビニなど、利用できるATMが多い

振込やATMの融資が便利なので、金欠でいますぐ融資を希望する人は利用上困ることはないでしょう。

「WEB完結」なら第三者に知られずに申込むことが可能。

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円以内
審査時間 最短30分
即日融資 可能
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

金欠になりがちな方に共通する特徴

そもそもなぜ金欠になってしまうのでしょうか?それには、お金を使いすぎた原因があるはずです。

そこで、ここでは金欠になってしまう人の特徴を知り、資金難になる原因をみていきましょう。

お金の使い方に計画性がない人

収入以上に支出が多いようだと、給料ではカバーできませんし預貯金も減っていくでしょう。

金欠になる人は、お金の使い方に原因の根本があるのは間違いありません。

  • 物欲
  • 食費
  • ギャンブル

使いすぎの原因としてよく上げられるものがこの3点です。

それぞれについて、より深くみていきましょう。

物欲が止まらない

出費が重なる原因の多くは、物欲を抑えられないことです。買い物やネットショッピングでいいと思ったものを我慢できずに衝動買いをすると、あっという間にお金が減ります。

特に、クレジットカード払いを普段から利用する人は、買い物しても手持ちの現金が無くならないので、手当たり次第好きなものを勝手しまう癖がついている人は少なからずいるでしょう。

使えるお金には限度があります。その限度を守ってお金を使わないと金欠のピンチに陥りやすいのです。

ですから、我慢が重要なのです。お金を計画的に使うためには、決められた金額の範囲内に支出をとどめること。

食費にお金がかかりすぎる

生活費の中でも毎日お金を使うのが食費でしょう。

食費が高くなる原因として考えられるものをみていきましょう。

  • 外食ばかり利用している
  • ついつい買い食いをしてしまう
  • 飲み会が多い
  • お酒、ジュース、お菓子などの嗜好品が多い

1日3食以外で間食をしている人は、給料が入るまでは我慢しましょう。まずは、無駄な食費を削ることを第一に。

特に独身者は、料理をしない人も多いでしょう。そうなると外食に手を出しがちですが、お米は自分で炊いて、おかずはスーパーで買うなどして食費を切り詰める努力が大切。

例えば食費を1日500円減らせば月15,000円の節約効果もありますし、不可能なことではありません。

ギャンブルが趣味

生活費を除いた趣味に使えるお金でギャンブルを楽しむ分には問題ありません。

ですが、ギャンブルの怖さは、はまるとやめるのが難しい点にあります。

  • パチンコ、パチスロ
  • 競馬、競輪、競艇

勝てば大金を得る可能性もありますが、多くの人は負けるほうが多いのです。そして負けたら、損失を取り戻そうとしてギャンブルにお金を使うというループが生じます。

先のことを考えず我慢できずに生活費をギャンブルに使ってしまえば、金欠になるのは当然のことです。

そもそも収入が少ない人

計画性がない訳ではなく、普通の範囲内の生活をしていても金欠になってしまう人もいます。

その原因はそもそも収入が少ないためにお金を使う余裕がないのです。

下記のデータは17年度調べの会社員の年代別平均収入です。

自分の年収が、平均値に比べてかなり少ないようなら転職を視野に入れることも、金欠対策の1つですよ。

年代 男性の年収 女性の年収
20代 365万円 319万円
30代 487万円 386万円
40代 587万円 423万円
50代 707万円 445万円

※転職サイトDUDA 2017年度調査結果

収入面で金欠になりやすいのは大学生が多い

※基本、アルバイト生活(大体コンビニ、月6~8万円程度)
※収入と支出のバランスが取れていない
※金欠の原因は一人暮らし費用、合コン、サークル費など

大学生は学業以外にもサークルや部活動があります。免許や資格の取得、旅行や遊びなど出費が大きくなる一方、アルバイトをするにしても限られた時間なので収入が多くはありません。

ですから、大学生は金欠になりやすいのです。消費者金融が20才以上でバイトをして収入があるなら申込OKとする背景は、こうした金欠で困っている大学生の資金調達需要があるためでしょう。

金欠にならないためにはどうすればいい?

金欠になったときの対策やそもそもお金に困ってしまう原因について見てきましたが、そもそも金欠にならないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。

ここでは、その防止策についてみていきましょう。

生活習慣の見直し

収入に対して支出が多い人は、これまでの生活を改める必要があるかもしれません。その中で最初にやるべきは、自分が使っているお金の記録を取ること。

家計簿は、ただ金額をメモするだけではなく、自分が何にお金を使っているのかが分かるのです。自分のお金の使い方を見直して、収入に見合った生活習慣に変えていくことが金欠にならないための一歩です。

食費を節約する

食費を下げるなら外食をやめましょう。料理ができない人はいきなり自炊に切り替えることは不可能ですから、自炊の割合を増やすことを考えるのです。

スーパーで食材を買うにしても、夕方遅くや雨の日などで実施される半額セールなどを狙うと、さらに食費を下げることができますよ。

嗜好品を控える

金欠中は、タバコやお酒を控えやすいですが、普段から数や本数をコントロールすることで金欠状態になりにくくすることも重要。今の時代、タバコやお酒は決して安くありません。

もしやめるきっかけになれば、それ以降嗜好品のコストが下がりますし健康にも好影響でしょう。お酒が趣味で好きな人は、他の食費や生活費の節約を優先的に取り組むといいでしょう。

金欠の影響で自分の好きなものが味わえなくならないためにも、我慢するところは我慢して生活習慣を見直すことです。

貯金をしておく

もらえる給料の範囲内で生活できるのがベストですが、冠婚葬祭や急な飲み会など自分の予定してなかったことで出費が多くなる場合もあります。

そんなイレギュラーな出費にも対応できるよう普段から貯金をしておくことが大切。とりあえず貯金さえあれば、金欠でピンチになった時に使えます。

ですから、給料の一部を貯金しておくようにしましょう。ひと月5,000円貯金すれば年間で60,000円貯まります。将来に備えてある程度お金を貯金しておきましょう。

まとめ

金欠になってしまったら、何とかして給料日までやりくりしなければなりません。

最後に金欠の解決方法をまとめます。

※ ここがポイント

  • 身の回りの不要のものを売ったり、日雇いのバイトや副業でお金を作ろう
  • クレジットカードやポイントを使ってしのぐのも有効
  • 無利息期間サービスがあり即日融資可能な大手消費者金融のカードローンでお金を借りよう。

カードローンは1枚作っておけば将来の金欠の備えにもなります。無計画に使いすぎるのは禁物ですが、きちんと返済すれば利用価値の高いサービスです。

金欠にならないこと、これが一番なのですが、もし金欠のピンチで困っていたら、当サイトの方法を試してみてはいかがでしょうか。